社会貢献事業

 麻生商店街では、「社会貢献事業」「地域活性化事業」「情報発信事業」「環境整備事業」「街区活性化事業」の5 つの事業を軸に地域の皆様が安 心して利用できる安全な商店街づくりに積極的に取り組んで得います。

 平成24年には、経済産業省の支援を受け、商店街駐車 場内に「防災備品倉庫」を設置、平成26年には、札幌市の補助を受け、「資源ごみ回収ボックス」を同じく商店街駐車場内及び現「あさぶら里」様裏の敷地内に設置しました。
 平成27年には全国商店街振 興組合連合会の支援を受け、商店街区内に22台の防犯カメラを設置しました。
事故や犯罪のない安全安心なまちづくりを目指してさ らに活動してまいります。
 麻生商店街のこのような取り組みに、皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。

1.防災備蓄倉庫

 防災備品倉庫は、平成24年に経済産業省の支援を受けて、麻生商店街の駐車場敷地内に設置しました。

 災害時、3日をめどに一時避難場所を確保するとともに、札幌市危機管理センター及び札幌北消防署などからご意見をいただき、救護救援のための機材器具を備蓄しております。
 倉庫内の保管備品は、特に冬場の一時避難を想定して断熱材や毛布、ストーブ、ガスコンロ、発電機や医薬品、担架など76品目、収容避難機材や避難生活用品、救難救護備品など660数量となります。

 また、これに合わせ、麻生商店街自主防災計画を策定し麻生連合町内会とも協力しながら地震や大規模の火災などの災害による被害軽減を図るとともに、地域住民や来街者の安全・安心なまちづくりに寄与しようとする取り組みです。

資源ごみ回収BOX

 札幌市環境局事業廃棄物課では、事業系資源ごみの回収ボックス設置費用の補助制度を実施しており、今回はこの制度を利用して、商店街街区内2か所に資源ごみ回収ボックスを設置しました。

 段ボールや新聞紙などを一時的に収容し、定期的に業者さんに回収してもらっています。あくまで事業系古紙のリサイクル施設ですので、きれいに使ってください。

3.防犯カメラ

 平成27年には街区内12か所の街路灯に防犯カメラ20台を設置しました。平成28年にはさらに2台増設し、現在22台のカメラが稼働しています。

 防犯カメラの運用に先立ち、札幌市及び麻生連合町内会、札幌北警察署と協定を結び、住民のみなさんのプライバシーに十分配慮しながら、適正に運用しています。

 あさぶの街に事件、事故がなくなるよう、願ってやみません。